本文へスキップ
税理士選びは、悩み事など色々なことを話しやすく何でも相談できる事が大切です
新宿区の税理士事務所
池田税務会計事務所
新宿区新宿5-4-1 新宿Qフラットビル906号
TEL 03−3225−1640
サイトマップ
得する情報


消費税の納税義務者はだれですか?

 消費税は、個人事業者や会社が日本国内で事業 (資産の譲渡及び資産の貸付け並びに役務の提供又は輸入取引) を行った場合の取引に対して課税されます。
 事業を行った場合の取引の例示
  ・資産の譲渡  → 商品の販売など
  ・資産の貸付け → 食堂、集会場、体育館等の施設の貸付けなど
  ・役務の提供  → 仲介、情報の提供、技能等のサービス、税理士業務など

1. 消費税の納税義務者は誰ですか?
    消費税を支払うのは最終的には消費者ですが、会社は国内において事業として取引した場合、消費税を預り国に納付する義務が課せられています。
 この納付する義務を課せられている個人事業者や会社が、消費税の納税義務者となります。
 
(メーカー) (卸売業者) (小売業者) (消費者)
    売  上

200万円
+10万円
購  入

200万円
+10万円
   
   
   売  上

150万円
+7.5万円
 
 
売  上
100万円
+5万円
仕  入
100万円
+5万円
仕  入
150万円
+7.5万円
メーカーが
納付する消費税
100万×5%
=50,000円
卸売業者が
納付する消費税
150万×5%
−100万×5%
=25,000円
小売業者が
納付する消費税
200万×5%
−150万×5%
=25,000円
消費者が
支払う消費税
200万×5%
=100,000円

2.

消費税の納税義務が免除される場合とはどんなときですか?
   個人事業者や会社が日本国内で事業として取引を行った場合、消費税を納める義務が発生しますが、課税期間の基準期間 (会社の場合、前々事業年度) における消費税の対象となる売上高 (課税売上高) が1000万円以下の会社は、消費税の納税義務が免除されます。
 例
 
前々事業年度 前事業年度 当事業年度
基準期間の課税売上高
1,000万円以下
当期は課税売上高が1億円あったとしても
消費税の納税義務はありません。
  基準期間の課税売上高が 1,000万円以下の基準は、平成16年4月1日以後に開始する課税期間からで、それ以前の基準期間の課税売上高は 3,000万円以下となります。

 基準期間の課税売上高が 1,000万円以下であれば当期の課税売上高に関係なく消費税の納税義務が免除されます。
 言い換えれば、基準期間の課税売上高が 1,000万円を超えれば、当期の課税売上高が 500万円であったとしても当期は納税義務者となり消費税を納める義務があります。
 例
 
前々事業年度 前事業年度 当事業年度
基準期間の課税売上高
1,000万円超
当期の課税売上高が500万円であったとしても
消費税の納税義務者となります。
  消費税の納税義務が免除されるかどうかは、当事業年度の基準期間 (前々事業年度) の課税売上高が、1,000万円以下かどうかにより判定され、当事業年度の課税売上高が 1,000万円以下であるかどうかで判定するものではありません。

3.

消費税の納税義務の判定はどう決めるのですか?
 
 (1) 新規開業の新設法人の場合の納税義務の判定
新設法人の場合、基準期間がないため消費税の納税義務はありません。
 
設立第1期
基準期間なし 基準期間なし 消費税の納税義務者はありません。
  新設法人で、その事業年度開始の日における資本金額又は出資金額が 1,000万円以上の会社は、基準期間がない場合でも、設立第1期、設立第2期について消費税の納税義務があります

 新設法人が多額の設備投資をしたため消費税の還付を受けたい場合は、前もって課税事業者に なることを選択すれば、払い過ぎの消費税の還付を受けることができます。
  ただし、課税事業者の選択をしますと 2年間継続した後でなければ、課税事業者を止めることはできません。
 初年度は消費税の還付を受けることができるが、2期目は消費税を納めなければならないと予測される場合は、還付か納付かの有利不利を予め計算してみる必要があります。
 新規開業した新設法人の場合、「消費税課税事業者選択届出書」 を設立事業年度の末日までにこの届出書を所轄の税務署に届出をすれば設立の日の事業年度から消費税の課税事業者となることができます。
 ただし、この届出書を提出した場合、第3期目以降の事業年度について 「消費税課税事業者選択不適用届出書」の提出の有無を確認する必要があります。

 (2)

1年決算法人の場合の納税義務の判定
 第3期目の事業年度から基準期間の課税売上高が 1,000万円超か否かにより納税義務の判定を行うこととなります。
 ただし、基準期間の課税売上高が 1,000万円以下の基準は、平成16年4月1日以後に開始する課税期間からで、それ以前の課税売上高は 3,000万円となります。
 
前々事業年度 (10ヶ月) 前事業年度 設立第3期
基準期間 課税期間
  消費税の納税義務が免除か課税か?
 
 当事業年度の基準期間が 1年未満 (10ヶ月) の事業年度である場合の課税売上高の計算は、次の算式により計算した課税売上高が 1,000万円以下かどうかで判定します。
 
設立第1期目の課税売上高× 12ヶ月
設立第1期目の月数
(設立第3期)= XXX円
 
例1) 課税売上高 8,000,000円
 
8,000,000円× 12ヶ月
10ヶ月
= 9,600,000円
  基準期間の課税売上高が 1,000万円以下のため消費税の納税義務はありません。
 
例2) 課税売上高 8,500,000円
 
8,500,000円× 12ヶ月
10ヶ月
= 10,200,000円
  基準期間の課税売上高が 1,000万円を超えるため消費税の納税義務はあります。

4.

消費税の計算の仕方
 
 (1) 原則計算
 
当事業年度の課税売上高
に係る消費税額
当事業年度に行った課税
仕入に係る消費税額
納付税額
(還付税額)

 (2)

簡易課税の計算
 
当事業年度の課税売上高
に係る消費税額 (A)
(A)×事業区分に応じた
みなし仕入率
納付税額
(還付税額)
  みなし仕入率
 
事業区分 該当する事業 みなし仕入率
第1種事業 卸売業 90%
第2種事業 小売業 80%
第3種事業 製造建設業・農林漁業等 70%
第4種事業 飲食・保険・金融業等 60%
第5種事業 不動産業・サービス業 50%
   簡易課税を選択しようとする会社は、平成16年4月1日以後に開始する事業年度から基準期間の課税売上高が 5,000万円以下 (平成16年3月31日以前は基準期間の課税売上高が 2億円以下) の場合に適用されます。
 簡易課税制度を適用しようとする場合は、所轄税務署に「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出した場合に適用されます。届出書の提出時期に注意してください。

ホーム 事務所案内 業務案内 よくある質問 税理士乗り換え お客様の声
  得する情報 料金について リンク集 お問い合わせ ページトップへ