本文へスキップ
税理士選びは、悩み事など色々なことを話しやすく何でも相談できる事が大切です
新宿区の税理士事務所
池田税務会計事務所
新宿区新宿5-4-1 新宿Qフラットビル906号
TEL 03−3225−1640
サイトマップ
得する情報

所得税と住民税の所得控除の概要と算式


所得控除






H21年分所得税の所得控除額    H22年分住民税の所得控除額

*住民税の税率
  →10%
   ・都道府県民税率 4%
    ・市区町村民 税率 6%




(1) (損失額 - 保険金等補填額) - 総所得金額 X10%

(2) (災害関連支出の金額 - 保険金等補填額) -5万円

(3) (1) と (2) のいずれか多い額
同左





(1) その年(H21年中)に支払った医療費の額 -保険金等補填額}

(2) 10万円と合計所得金額 X 5% といずれか少ない額

(3) (1) - (2) = (最高 200万円を限度)

H21年中に支払った医療費の額
算式同左







H21年中に支払った社会保険料(1)と(2)の合計額

(1)給料から控除される社会保険料

(2) 自分で支払った
  @国民健康保険料
  A国民年金保険料(控除証明書 必要

(1)(2) = 控除額

H21年中に支払った社会保険料の合計額

             同左








(1) 一般の生命保険料

 @ 25,000円まで →支払保険料の全額

 A 25,000超 50,000円まで
      → 支払保険料 X 1 ÷ 2 + 12,500円

 B 50,000円超 100,000円まで
      → 支払保険料 X 1 ÷ 4 + 25,000円

 C100,000円超 → 50,000円


(2) 個人年金保険料
上記(1) @ から C の区分に応じて計算した金額


(3) (1)+(2) = (最高 100,000円まで)
(1) 一般の生命保険料
 
 @ 15,000円まで → 支払保険料の全額
 
 A 15,000超 40,000円まで
     → 支払保険料 X 1÷2 + 7,500円

 B40,000円超 70,000円まで
     →支払保険料×1.÷4+17,500円
    
 C70,000円超 → 35,000円


(2) 個人年金保険料
上記(1) @ から C の区分に応じて計算した金額

(3) (1)+(2) = (最高 70,000円まで)







次の (1) と (2) の合計額 (最高5万円まで)

(1)支払地震保険料の全額 (最高5万円)

(2)次の@又はAのいずれかに該当する金額
  支払旧長期損害保険料の額が
  @ 10,000円以下の場合
      → 支払保険料の全額

  A 10,000円を超える場合
      →支払保険料×1/2+5,000円
                   (最高 15,000円まで)


損害保険料控除
   →平成18年をもって廃止





  支払地震保険料 X 1 ÷ 2
            (最高 25,000円まで)








損害保険料控除
  →平成18年をもって廃止






平成21年分より税額控除 平成21年分より税額控除





・障害者1人につき → 270,000円

・特別障害者1人につき → 400,000円
・障害者1人につき → 260,000円

・特別障害者1人につき → 300,000円






・本人が寡婦又は寡夫 → 270,000円

・特定の寡婦 → 350,000円
・本人が寡婦又は寡夫 → 260,000円

・特定の寡婦 → 300,000円






・本人が勤労学生 → 270,000円 ・本人が勤労学生 → 260,000円





・一般の配偶者 → 380,000円
・同上の同居特別障害者→730,000円
・年令70歳以上の配偶者 → 480,000円
・同上の同居特別障害者 → 830,000円
・一般の配偶者 → 330,000円
・同上の同居特別障害者 → 560,000円
・年令70歳以上の配偶者 → 380,000円
・同上の同居特別障害者 → 610,000円




・一般の扶養親族 → 380,000円
・同上の同居特別障害者 → 730,000円
・特定扶養親族 → 630,000円
・同上の同居特別障害者 → 980,000円
・年令70歳以上の扶養親族 → 480,000円
・同上の同居特別障害者 → 830,000円
・年令70歳以上の同居老親等 → 580,000円
・同上の同居特別障害者 → 930,000円
・一般の扶養親族 → 330,000円
・同上の同居特別障害者 → 560,000円
・特定扶養親族 → 450,000円
・同上の同居特別障害者 → 680,000円
・年令70歳以上の扶養親族 → 380,000円
・同上の同居特別障害者 → 610,000円
・年令70歳以上の同居老親等 → 450,000円
・同上の同居特別障害者 → 680,000円




所得者本人 → 380,000円 所得者本人 → 330,000円

ホーム 事務所案内 業務案内 よくある質問 税理士乗り換え お客様の声
  得する情報 料金について リンク集 お問い合わせ ページトップへ