Column

取引先からの10%値引きに応じた場合

取引先からの10%値引きに応じた場合

では、取引先A社の10%の値引きの申し出に応じたらどうなるでしょうか?

売上結果

結果は、売上高10,000千円の10%を値引きするわけですから、売上高が百万円減少します。

売上の値引きですから、売上原価に変化はありません。

つまり、売上原価の減少はありませんよね。

したがって、売上高1,000千円減少が、そのまま当期利益1,000千円の減少となります。

10%の値引きに応じた方が良いのか、取引を断った方が良いのか、考え方ですが、
マイナス5,000千円の減少がいいか、
マイナス1,000千円の減少がいいか
ですね。

5,000千円の経費を削減することは難しいかもしれませんが1,000千円の経費の減少でしたら、

固定費で削れるところがあるかもしれませんし、売上原価(仕入高)で削れるところがあるかもしれません。

売上原価、つまり仕入高を1%下げることができたら500千円2%下げることができたら1,000千円ですね。

また、売上原価と固定費でそれぞれ500千円ずつ下げることができたら合計1,000千円の費用を下げることができます。

そうすると当期利益は、プラス・マイナスゼロです。

1,000千円でしたら経費削減はなんとか可能ですよね。
1,000千円の値引きをしたまま、取引を続けておいてその間、次の新しい取引先を考えればいいですよね。という解決策のお話しをしました。