Column

取引先から値引きを迫られ10%の値引きを断った場合

取引先から値引きを迫られ10%の値引きを断った場合

10%の値引きを断った場合

当社は取引先A社に対する売上高10,000千円の取引先がありますが、そのA社に競合他社が10%値引きしますから取引しませんかと言ってきたというんです。

そこで、A社がお宅の会社でも10%値引きしてくれないかと言ってきたんだけど、
この申し出に応じた方がいいのか、取引を止めた方がいいのか、迷っているんです。
どうしたらいいでしょうという相談なんですね。

当社の損益計算書の内容は、
売上高    100,000千円
売上原価   50,000千円
売上総利益  50,000千円
固定費    50,000千円
当期利益は、プラス・マイナスゼロです。
(注: 粗利益率50%とします。)

損益計算書

A社に対する売上高10,000千円の10%の値引きの申し出を断ると言うことは、
A社との取引を辞めると言うことですよね。

と言うことは、売上高10,000千円そのものが無くなるわけですから、
当期の当社の利益は、マイナス5,000千円となってしまうと言うことです。

そうですよね。
売上高10,000千円の取引が無くなるわけですから、当期の売上高が減少します。

売上高10,000千円がなくなると言うことは、その10,000千円に対する商品仕入がいらなくなるわけですから売上原価5,000千円が減少します。

したがって、売上総利益が5,000千円減少することになります。

固定費は、売上が10% 程度落ちる程度ではそんなに変動はありません。

当期利益は、売上総利益のマイナス5,000千円がそのまま移動して、当期利益は、マイナス5,000千円となります。

A社からの10%の値引きの申し出を断ったら5,000千円の赤字へ転落です。

5,000千円の赤字覚悟で断るか考えものです。

下記は、上記の取引の流れを図解したものです。

当期利益