Column

役立つ経営情報

事態が深刻になればなるほど発想はシンプルに

事態が深刻になればなるほど発想はシンプルに

その男性と仲間5人を乗せたヨットは、日本を出てすぐに難破しました。 積んであった食べ物が底を尽いた後は、時々ヨットに近寄ってくる魚やヨットの近くまで飛んでくる鳥を、素手で捕まえては生のまま食べたそうです。 そんな漂流生活 […]

ライバル会社が気づく前に「つもり」からの脱却

ライバル会社が気づく前に「つもり」からの脱却

インターネットに慣れたせいか、「つもり」になってしまうことが増えました。ささっとネットで検索をして、知ってるつもり、見たつもり、行ったつもり、やってるつもり、そして考えたつもり。 そんな「つもり」が積み重なると、すべての […]

誇り ~懐の余裕よりも、心の余裕

誇り ~懐の余裕よりも、心の余裕

昨年の11月、トヨタがF1からの撤退を表明した翌日に、ヤンキースの松井選手がMVPを受賞しました。 「明暗を分けた」という見方もできますが、記者会見で見せたトヨタの山科専務の男泣きと松井選手のその涙には、ひとつの共通点が […]

その「ひと言」がピンチを救う

その「ひと言」がピンチを救う

商談成立に結びついたひと言。顧客の信頼を得たひと言。前回の失敗を挽回できたひと言・・・。 とっさのひと言がピンチをチャンスに変えることがあります。商売上手な人を観察していると、効果的な「ひと言」をタイミング良く相手に投げ […]

できない理由を「探す」人、できない理由を「考える」人

できない理由を「探す」人、できない理由を「考える」人

以前、某テレビ番組で、俳優の石田純一さんが放った言葉が反響を呼びました。 「世の中には2種類の人間がいるんです。できない理由を探す人と、できる方法を探す人」 石田さんの言う「できない理由」とは「言い訳」のことでしょう。や […]

ひたむきな姿勢が顧客を呼び込む理想的な商売

ひたむきな姿勢が顧客を呼び込む理想的な商売

商売で成功するためには、誰もやっていないことを始めるか、その業界で際立つかのどちらかです。 すでに競合他社がいる場合、どうしたら業界内で際立つかを考えるわけですが、多くの経営者はそこを難しく考え過ぎているようです。 32 […]

商売上手は、「たとえ話」もお手の物

商売上手は、「たとえ話」もお手の物

今、目の前に魔法使いが現れて「おまえの欲しい能力は何だい?それを授けてやろう」と言ったら、迷わず「伝える能力」と答えましょう。伝える能力に優れていれば、商売は昨日よりもずっと上手くいくはずです。 話が上手くて説得力に長け […]

「努力」と「徒労」

「努力」と「徒労」

目標に向かって全力を尽くすことを「努力」と言います。その努力が無駄な骨折り損に終わると「徒労」になります。 「目標達成」というスタート地点は同じなのに、どこで「努力」が「徒労」に変わってしまうのか。その答えは「すでにスタ […]

お客様との間に架ける橋

お客様との間に架ける橋

作るのは大変でも壊すのは簡単な信頼関係。信頼は人間関係の礎(いしずえ)です。 商売においても最重要課題であり、事態が深刻なときほど信頼関係がものを言います。 臨床心理学では信頼関係のことを「ラポール」と言いますが、これは […]

たかが税理士、されど税理士

たかが税理士、されど税理士

たかが税理士、されど税理士 税理士事務所選びでよく耳にする「3つの言葉」について考えてみたいと思います。 「顧問料を安くでやってほしい」 こんなお悩みを持つ社長様に質問です。 社長様の会社のカシミヤのコ-ト10万円の商品 […]